花が好き

f:id:kingyo_am4195:20161109123128j:image

 

「最低な学校」「最低な教師」「最低な家庭環境」「最低な人間関係」、「最低な最低なわたしの二十年」の最果てにたどり着いた精神病院は、横浜の、見晴らしの良い丘の上にある。

 

寒い日に煙草を吸いに外に出て、

今日は冬の始まりの日

大山を北に臨んで、山肌のうつくしさが、よく、わかる

 

丹沢大山朝日に映えて

胸の山百合

育つ庭

 

わたしを苦しめた最低な中学の校歌は、大山の美しさを、本当は、十三歳の私に、教えてくれていた。

今初めて気がついた山肌のうつくしさと柔らかな稜線に見守られて

大嫌いなあの街で、この場所に来るために、

わたしは育っていたのだね。

 

山百合ではないけれど

花が好き